バスケットボール|スポーツマウスピース通販|オーダーメイドマウスガード

バスケットボール|スポーツマウスピース|マウスガード通販

マウスピースの着用が推奨されるバスケットボール

プレーヤー同士がリバウンド争いやファウルを受けた際の接触等、激しくぶつかるコンタクトスポーツ。ですので、スポーツマウスピースが推奨されています。マウスガードを着用することにより、ボールや身体がぶつかった時の歯や口の中の怪我を防止できますので、安心してプレイできます。また、プレイ中は、食いしばることにより歯や顎にものすごい力がかかっていますので、長くプレイするためにも身体を守る必要があります。 さらに、瞬発力を要するスポーツにおいては、そのパフォーマンスが向上するという報告があるので、俊敏さを要求されるバスケットボールにおいては特に効果的です。

着用が進んだのは近年

バスケットボール選手の間でマウスピースが使われるようになったのは、近年です。元々、ボクシングやホッケー、アメフトなどで広がってきたスポーツマウスピース。バスケット界においては2000年代の初めまで、アメリカのNBAにおいてでも、それほど見られるものではありませんでした。しかしその後、怪我のリスクを抑えるためや、歯の噛み合わせを良くして100%の力を発揮できるようにするために着用が急激に進んでいきました。強く食いしばれるため、パワーがより効率的に力強くスムーズに伝わることから、試合や練習の時だけでなく、筋力トレーニング時もその価値を感じられることでしょう。

NBAは2016年マウスガードメーカーとパートナー契約を締結

今日ではほとんどのNBAプレイヤーがスポーツマウスピースを使用しています。たとえば、スーパースターのステファン・カリーは、大学時代からマウスピースを装着しだしたそうです。NBAは、全てのレベルにおいて、バスケットボールプレイヤーにマウスガードの着用を強く進めており、2016年にはスポーツ用品の大手ブランドのマウスガードメーカーと複数年のパートナー契約を結びました。NBA公式のマウスガードメーカーとして、バスケットボールをプレイする時のマウスガード着用の重要性を指導していくことになりました。

日本国内でも広がるバスケ選手のマウスガード着用

日本国内でもBリーグや大学チーム、さらには高校クラブのインターハイや国体選手の間でも、着用する選手が増えています。福岡大学附属大濠はチームとしてマウスガードを早期導入した高校の1つで、ウインターカップ2012には希望した6人がマウスガード着用の上、試合に出場しています。Bリーグでも多くのチームがマウスガードメーカーと提携を結ぶなどして、実に多くの選手がマウスピースを着用しています。それらの影響もあり、大学・高校にもマウスガードの普及が進んでおり、次第にマウスピースの着用が当たり前になってくることでしょう。ガーディアンズのマウスピースは、歯形に合わせて1つ1つ作るオーダーメイド製。一人一人に合った精密なマウスピースであり、外れにくく、プレイ中も話しやすいです。チームメイトとのコミュニケーションも容易にできます。バスケットシューズに加えてスポーツマウスピースは選手にとって欠かせないアイテムになりつつあります。

>>バスケットボールのオーダーメイドマウスピース作成事例・コラム

●ガーディアンズのスポーツマウスピース
ガーディアンズのスポーツマウスピースは歯科医院で1つ1つ歯型に合わせて作成されるオーダーメイドのマウスガード。装着時のフィット感は抜群!試合や練習で怪我から守り、外傷の予防防止といった安全面や、アスリートのパフォーマンス向上にも貢献するデンタルアイテム!通販サイトで購入できるので、不必要な治療・診療の時間も必要なし!クレジット決済、コンビニ決済、銀行振込から選べて低価格!送料無料!ケースもサービス!短納期!来店なら最速で当日お渡しも可能!白・赤・黒・透明などスタンダードなカラーから2色、3色、レインボーカラーまで34種類とバリエーションも豊富!名前入れや背番号入れも可能!学校やクラブ単位での商品購入事例も多数!あなたのためのたった一つのマウスピース。着用した瞬間に驚くはず!選手の輝く競技生活をアシスト!ガーディアンズのマウスガードで王者を目指そう!税別8,800円。

 製品を選ぶ   ランキング   購入手順